知識ゼロから始める安心なカリキュラム夢を叶える自由なコース設定

ギター・ベース製作に必要な技術を総合的に学べるカリキュラム

授業カリキュラムは、まずギター、ベース製作修理などに必要な工具や機械類などの取り扱い方法を学ぶところから始まります。原則としてすべての学生が初心者であるという前提で授業は授業は進められますので、入学前にギタークラフトやリペアの知識がなくても問題ありません。
指導するスタッフはミュージシャン本人が使用するギター・ベースや新製品の企画・開発・製作を行っているESPのクラフトマンです。ESPギタークラフ ト・アカデミーは、この環境により開発途中の製品やミュージシャン本人のギターやベースが実際の教材として間近で見られるのも特徴のひとつです。

授業日数 年間200日+教室開放(自由登校)15~20日
授業日 月~金曜日+教室開放(自由登校)月1~2回土曜日
修業期間 1~3年

授業カリキュラムは、木工機械から塗装設備、治具、工具類などを完備した環境の中で、開発、設計、製作をはじめ、リペア、カスタマイズ(改造)、メンテナンス、楽器テクニシャン技術など、ギター・ベース製作に必要な技術を総合的に学べる内容になっています。
その他、プロミュージシャンや業界関係者の特別セミナー、楽器ビジネス全般に至るまで、より現場的で実践的な実習を中心に基本からていねいに進めていく指導を心がけています。 指導するスタッフはミュージシャン本人が使用するギター・ベースや新製品の企画・開発・製作を行っているESPのクラフトマンです。

ESPギタークラフ ト・アカデミーは、この環境により開発途中の製品やミュージシャン本人のギターやベースが実際の教材として間近で見られるのも特徴のひとつです。

コース概要

  概要
     

1年次の製作修理本科では、ギター・ベース製作修理技術に関するノウハウを修得するための基礎テクニックを道具の使い方から学びます。1作目の規定作品では基本的なスタンダードモデルを題材にポピュラーな製作工法をその初歩から学びます。2作目以降からはオリジナル作品製作と同時に、ギターやベースなどのメンテナンスやリぺア技術についても学ひます。また 、キター、ベースの  演奏も学びたいという方には、選択授業で学ぶことができます。

     

2年次研究開科では、1年次の製作修理本科で基礎技術を学んだ後、さらに専門的な知識や技術を習得するためのカリキュラムがあります。「エレクト リックギター&ベースコース」「アコースティックギターコース」「リペア&カスタマイズコース」「クラフト&プレイヤーコース」の4つのコースが設けられていて、各人の目標に応じてコースを自由に選択できます。

     

2年次の研究科修了後、さらに上の開発科に進級することができます。カリキュラムは各自で自由に設定し、より高い技術と知識の修得をめざし、自身のクラフトスタイルを確立します。

夢を叶える仲間と共にさぁ、GCAコースツアーへ出かけよう!

ある者はプロのギター・クラフトマンを目指し、ある者はギター・リペアマンを目指し、またある者は音楽産業・楽器産業の中で、将来職を得るための技術・知識習得のためにと、それぞれがそれぞれの目標に向かって意欲的に学んでいます。
一人ひとりの目標は多少違っていても、楽器や音楽に対する情熱は人一倍ある人ばかりです。そして、それを指導するスタッフたちも、学生と同じように楽器や音楽に対し、情熱を持ち続けている人たちです。

まずは全年制共通の1年次「製作修理本科」コースからお進みください。