大阪校の演奏授業に、あの“五陸守氏”が就任!!

2018/05/16

ESPギタークラフト・アカデミー大阪校2018年度演奏基礎の授業スタート!!
週1回、水曜日午後に五陸守先生に演奏基礎の授業をしていただきます。
五陸守先生は、ESPモニターアーティストで、ESPギタークラフト・アカデミー大阪校の卒業生です。


◆五陸 守(ごりくまもる)プロフィール◆

生年月日:1985年10月5日

出身地:大阪府

生まれて間もない頃から母親の影響で日本の民謡に触れる。
2歳の時に初舞台を踏み、その後9歳まで民謡を続ける。
10歳の時、従兄の影響でエレクトリックギターに興味を持つが「Fコード」が押さえられず、1週間で挫折する。

中学に入学後は野球部に入部し、練習に明け暮れる。14歳のお正月にもらったお年玉でギターを購入し、再び音楽に興味を持つ。

高校生の時は主にパンク、メロコアに傾倒し、レスポールを低く構えパワーコードを掻き鳴らしていたが、18歳になってSONATA ARCTICAのCDをジャケ買いしたことをきっかけにメタルにはまる。

高校卒業後はESP GUITAR CRAFT ACADEMYに通い、ギター作りを学ぶ。在学中に出演した学校内のイベントで、初めてインスト曲を中心としたライブを行う。

その後数々のオーディションを受け続け、
2007年2月GIT MASTERS 2006関西地区代表として本選に出場。
同年5月にはYOUNG GUITAR主催「SPOTLIGHT LIVE vol.4 in Osaka」に出演。
YOUNG GUITAR付録DVDにデモンストレーションが収録される。

2008年4月音楽学校MI JAPANギター科講師に就任。後進の指導にあたる。

2014年GIT MASTERS 2014テーマ曲「Winning Run」作曲。

2014年2月ESPとモニター契約。

『YOUNG GUITAR』誌、『Guitar Magazine』誌でのレッスン記事、
『Sound & Recording Magazine』誌での製品レヴュー記事の執筆などを多数担当。

ESP製品のデモンストレーターとして全国の楽器店で演奏を行う。

2016年7月初の台湾でのギター・クリニックを開催。

Twitter

facebook

instagram

web site

ESP Guitars JP

< 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 >